腎臓病(腎不全)
犬・猫の腎臓病(腎不全)ってどんな病気?

腎臓病とは犬・猫の腎臓の機能が低下する病気で、感染症や薬物が原因となり突然起こる「急性腎不全」と遺伝的原因などによりゆっくりと進行していく「慢性腎不全」の総称です。
 
犬の死亡原因第3位というデータもある重要な病気です。
 

犬・猫の腎臓病(腎不全)の治療方針

急性腎不全と慢性腎不全では治療法が大きく変わります。
急性腎不全の場合は致死的ですぐに輸液療法を中心とした集中治療が必要です。急性に食欲不振や嘔吐、貧血などの症状が見られましたら動物病院にて検査をしてもらいましょう。
慢性腎不全は末期になるまで症状が認められないことが多く、定期健診での血液検査や尿検査により見つかることが多いです。

血液検査では腎機能の75%が障害されて初めて高値になる血中尿素窒素(BUN)やクレアチニン(Cre)が腎数値として主流でしたが、最近ではSDMAという腎数値も検出できるようになってきたためより早期に慢性腎不全を見つけることができるようになりました。

進行してきた慢性腎不全では多飲多尿、食欲不振、脱水、嘔吐、貧血、元気消失などが症状として現れ、病気が進行すると尿毒症という状態になり命に関わってきます。

一度悪くなった腎臓は元に戻ることがないため、進行を遅らせる目的の治療を行います。
慢性腎不全の治療法としては大きく二つに分かれます。

 

1、食事療法

腎臓への負担やタンパク質の代謝産物である尿素窒素を軽減するために、与えるフードをタンパク質やリン、ナトリウムを制限した慢性腎臓病用の療法食へ変更します。
 
また漢方薬による薬物療法を加えることで高血圧や便秘など消化器症状を緩和します。
 

2、輸血療法

進行した慢性腎臓病では脱水が生じてくるため、腎臓の血液循環を改善させる目的で皮下輸液や静脈輸液など輸液療法が必要になってきます。
 


犬・猫の腎臓病(腎不全)になぜ漢方薬を使うのか?

上記の通り、慢性腎不全は進行をいかに遅らせるかが治療の鍵となってきます。進行してしまった腎不全患者はご自宅を離れ入院点滴を余儀なくされます。

入院はペットにおいて大きなストレスとなるため、可能な限りご自宅での看護を行うことが理想です。

ご自宅での看護としては西洋医学である食事療法が中心となりますが、そこに東洋医学である漢方薬による薬物療法を組み合わせて看護することにより病状の緩和をおこない、病気の進行をより遅らせることができる場合があります。

腎不全でお困りの飼い主さまは、是非一度ご相談ください。
 

-
-
-

Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧