当院での腹水
症例・治療例

血管肉腫から腹水の溜まったゴールデンレトリバーへの漢方治療

患者

Kさま / ゴールデンレトリバー  オス / 12才 / 36キロ→21キロ

使用中のお薬

-

ご相談内容

血管肉腫、脾臓も摘出、肝臓にも転移して利尿剤も出されているのですが腹水が多い時は2リットル以上抜いています・・・
 
お腹が苦しいのか寝てばかりで辛そうに息をしています。食事は柔らかくふやかしたフードを口元に持っていき、ようやく舐めるように2、3口です・・・余命1ヶ月と宣告されました・・・
 

対応と指導内容

  • 血管肉腫が大元にあるので免疫力向上、体力強化、出血対策をしQOL(生活の質)が著しく低下している今、腹水対策として
    心臓、肝臓を強化
    その上で利水を促す目的で漢方を処方
 

その後のお客様からのご報告

服用から1か月
1昨日で余命宣告の1ヶ月をこえました!
今日はなんと起きてご飯をたべてくれました。
ただ腹水はまだ3日に1回抜いてます・・・
 

2か月目

頑張っています!
この10日間、抜くほどの腹水はたまっていません。
時々吠えるくらい元気がもどってきました。
 

3ヶ月目

腹水はすっかり消えたようです
いつ血管壁が破裂するかヒヤヒヤでしたが、3日前の健診では肝臓に転移した腫瘍が小さくなり、犬も部屋を歩くようになりました。また来月分を送っていただけたらと思います。
 

 

患者さんの病状

血管肉腫から腹水がたまる

効果に対する評価

腹水はとても苦しい症状なので漢方で、そのように元気が戻ってくれて、嬉しく思います。この症例が他の飼い主さまたちの励みになると思いますので、これからも頑張っていきましょう。


Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧