乳癌

犬・猫の乳癌ってどんな病気?

 
乳癌は悪性の乳腺腫瘍の別名で、その名の通り乳腺が何らかの原因により腫瘍化してしまうことで発生します。

乳腺腫瘍の中には良性と悪性があり、その中の悪性の乳腺腫瘍のことを乳癌と呼びます。
外科摘出した腫瘍を病理学検査に依頼することで、良性か悪性か判断することとなります。
犬で発生する乳腺腫瘍の半分程、猫に発生する乳腺腫瘍のほとんどが悪性だと知られています。

また女性ホルモンの影響を受ける腫瘍であり、オスよりもメスばかりに発生することがわかっています。
 

犬・猫の乳癌の治療方針

乳房付近にしこりがある場合、まずは乳房全体を調べてしこりがどのくらいあるか、乳房以外の部位にあるかを確認します。

次に乳房付近のしこりだからと言ってそれが乳腺腫瘍かどうかはわからないため、しこりに針を刺して内部の細胞を取り顕微鏡で確認する針生検を行います。

針生検により乳腺腫瘍の疑いが強ければ、血液検査やレントゲン撮影を通して手術が可能な全身状態なのかどうか、肺転移や乳腺腫瘍による影響が出ているかどうかを調べます。
乳腺腫瘍は第一に麻酔をかけて外科摘出することが治療法です。

乳腺腫瘍を摘出して、病理学検査を行うことで良性か悪性か判断することができます。

また悪性腫瘍(乳癌)が疑わしい場合は摘出する際に周辺の乳腺やリンパ節も一緒に摘出することで少しでも周りに腫瘍が広がらないようにします。

周辺の乳腺を摘出する際には多くは片側の乳腺を全て摘出する方法が取られます。これは病理検査によって悪性だった場合に再び再手術を行う必要が出てくるためであり、最初から左右両方の乳腺を全て摘出する方法をとる場合もあります。

厄介なことに病理検査を行っても悪性を見逃してしまう可能性があるため、できる限り多めに摘出しておくことが推奨されています。

摘出した乳腺腫瘍が悪性で乳癌と診断された場合、適切で定期的な抗がん剤投与を行うことにより生存期間を延ばすことができる可能性がありますが、最終的には抗がん剤が効かなくなり癌の全身転移により数カ月経たないのちに死亡してしまうことが多いです。
 


犬・猫の乳癌になぜ漢方薬を使うのか?

乳癌の場合、外科摘出が第一選択治療で、その後に全身転移を遅らせるための抗がん剤治療などが行われます。ですが乳癌は抗がん剤が効きにくい腫瘍であり、最終的には癌の全身転移により数カ月経たないうちに死亡してしまうことが多いです。
抗がん剤を始めると全身の免疫力が低下して全身状態が悪くなっていってしまいますが、その後の治療と共に漢方薬を併用すると全身状態改善効果や発がん抑制作用などによって少しでも症状を改善できる可能性があります。
乳癌でお困りの飼い主さまは、是非一度ご相談ください。
 

 
 

Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧