当院での血管肉腫
症例・治療例

犬の血管肉腫に対する漢方治療による延命

患者

Oさま / 犬(ミニチュアダックスフント) オス / 9才 / 5.6

使用中のお薬

抗生剤

ご相談内容

本人はまだ元気なんです。何か、この元気さが長く続く方法など、アドバイスがごさいましたらと、すがる思いでメールさせて頂きました。まだ抗がん剤治療ははじめていません。切除手術後の抗生物質の薬のみです。

対応と指導内容

  • 現状維持中心にご提案

 

その後のお客様からのご報告

2週間
漢方薬を飲ませてから2週間ほど経ちました。
先週末にエコーとレントゲン検査をしたところ、嬉しいことに血管肉腫の移転は見当たりませんでした。本人も元気にしています。
病院の先生と相談して抗がん剤も飲まさずに定期的に検査をし、様子を見ようという事になりました。
漢方薬も体に合っているらしく、嫌がらず飲んでくれます。
4週間
錦戸先生こんにちは先日2回目の注文をさせて頂いた時にご相談させて頂いた検査結果が出ました。
なんと!!転移、再発は見当たりませんでした。腫れていると思ったところも検査前に引いたみたいです。本当に良かったです!!
この検査で血液検査をしてもらったのですが、ALT(GPT)126と出て、先生に少し数値が高いですね。と言われました。血管肉腫との関係性があるかわからないが、また2週間後にまた血液検査をして、高い様であればサプリメントを飲ませて、下がるか見てみましょう。という事になりました。
まだまだ心配はありますが、2回目の検査でも転移、再発が無かった事に本当に喜んでいます。
患者さんの病状

血管肉腫

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。

猫の腫瘍等に関する漢方治療

患者

Oさま / 猫 オス / 14才 /

使用中のお薬

ミッシングリンク ウェルネスブレンド

ご相談内容

10月6日に癌の切除の手術をしました。
切除部位の検査の結果が上記の通りです。
漢方で少しでも元気に長生きさせてあげたいです。
つらい治療を避けたく、よい薬がないか相談に乗っていただきたくメールしました。

対応と指導内容

もちろん、完治をめざしますが、治療の、目的を、まず、腫瘍の進行や転移を、極力遅らせる。もしくは、ストップして、QOL(生命の質)の向上させることを中心に考えたいとおもいます。

その後のお客様からのご報告

半年後

こんにちは いつもお世話になっています。

そちらの腫瘍のサプリメントを飲ませ始めて約6ヶ月程になると思いますが、足の付け根のリンパガンを切除し、反対側にも少し小さな同じような物があって気になっていましたがいつの間にか無くなり動きが活発になって食欲も以前に比べ出てきたように思いました。
今日病院に行って診察を受けたところ触診では何も無いとの事で念の為にレントゲンで調べたところ、肺には転移が無い・肝臓が手術前より大きくなっているので「エコー」で
調べて見ると肝臓の一部にところどころ「すのこ」状になっており血管の塊で黒くなっている部分がありました多分ガン転移しているだろうとの事で今のところは様子を見るしかない様です。
1年7ヶ月後
先日の検査では、耳の癌以外はどこも悪くなく、麻酔にもすぐ覚めて、元気だった。
カラーはずしたら、とても元気で過ごしている。
病院の検査では、もっと悪い結果が出るはずなのに・・・と主治医の先生が首ひねっている。
1年半以上後もまだ元気でおられます。
患者さんの病状

右第5乳腺部右鼠径部腫瘤、血管肉腫の表皮リンパ節への転移の疑い、第2乳腺腫瘤嚢胞

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。

血管肉腫のラブラドール犬への漢方治療

患者

Kさま / 大型犬 ラブラドールレトリバー オス / 12才 / 24キロ

使用中のお薬

なし

ご相談内容

6日の日曜日、食欲がなく2度嘔吐し、体が熱く感じたので翌日に病院・・・血液検査でHTの数値が23、ALPが220で貧血をおこしていました。翌日の血液検査では数値が20に・・・レントゲン、エコーで脾臓が大きくなり腫瘍化されているのがわかりました。 翌日の9日水曜日の夜に脾臓摘出の手術をしました。見た限りでは腹膜もきれいで悪いところはすべてとれたとの事でした。
病理検査の結果は、血管肉腫、ステージ1~3のうち2とのことです。 抗がん剤は効果なくサリドマイド位とのはなしで、先生も私達家族はもちろん論外です。血管肉腫は転移が早く、肺であったりお腹であったりで、これからの症状は変わるとの事です。
西洋医学で無理なら東洋医学ならと思いネットで調べていたら錦戸先生のことを知りました。ぜひ、先生のご意見をお聞かせください。お忙しいとは思いますができれば一日でも早くと思っています。よろしくお願いします。

対応と指導内容

  • 血管腫は大型犬に多く肝臓や、肺に転移する可能性を理解する
  • 完治をめざすが、まずはガンの進行や転移を、極力遅らせる。
  • QOL(生命の質)の向上させることを中心に考える
  • 漢方薬でまずは免疫力を向上させる

 

その後のお客様からのご報告

無事新しい年を迎えることができました。
昨年28日から貧血の数値も上がってきたのでステロイドをきり、新年の血液検査も数値が前回と変わらずで下がっていなかったので今は胃腸薬と制吐剤を飲ませています。腹水がたまることもなく食欲もあり元気なナノを見ているのが幸せです。漢方の効果とおもい嬉しく思っています。

患者さんの病状

血管肉腫

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。


Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧