当院での乳癌
症例・治療例

猫の乳がん~乳腺腫瘍摘出後の体力維持と延命に対する漢方治療

患者

Tさま / 猫 メス / 9歳9ヶ月 / 3.5

使用中のお薬

dフラクション

ご相談内容

乳腺腫瘍と診断され、即日入院、22日に手術しました。手術ほ広範囲に切除してもらいました。術後の経過は良好ですが、悪性であることはもちろん、取り切った組織の中にリンパ節転移が見つかりました。腫瘍は1.5センチ以内と比較的早くに見つかりましたが、リンパ節に転移してたこともあり、今の体力を消耗していない状態の内に残っている乳腺摘出を7月11日に行う予定となっています。今は病院で勧められたdフラクションのみ与えています。術後、抗がん剤治療を検討していると先生に言われました。私としては治療に負けない体を保たせてあげたくて漢方薬を与えたいと思い、こちらのサイトに辿りつきました。よろしくお願いします。

対応と指導内容

  • 体力回復と延命を中心としたご提案

 

その後のお客様からのご報告

2週間

その後の容態ですが、11日に残っていた乳腺全摘出の手術を済ませました。
7日の診察でレントゲンに肺転移と見られる影が無い事と血液検査が最初の手術5/22の時点とほぼ数値が変わらない事、容態が安定してて、体力がある今の段階で残っている乳腺を取りましょうとの判断でした。
今は食欲、排泄共に問題有りません。
漢方薬を飲み始めて、何もトラブルが無い事がとても嬉しく思います。前回の時よりも動きが良いように思います。
また、結果がわかりましたら連絡させて頂きます。
長文失礼いたしました。

1ヶ月

早いもので、もうすぐ一ヶ月経とうとしています。
病理結果がでました。
組織診断名は乳管癌、アデノーシス、乳管炎、乳腺炎という事でした。
左側については少しホッとした結果で、主治医も今の段階でベストな手術は出来ましたと言われました。
Dフラクションは処方されていますがその他は何もありません。
漢方のお陰でこのような結果が出たと信じてます。
そろそろ薬が乏しくなってきましたので、引き続きのお薬をお願いします。

5ヶ月

触診、レントゲン結果を見ても非常に良い傾向にあります。

このまま、二年無事に過ぎれば治ったと考えていいと思います。
と初めてせんせいの口から光りさす言葉を言って頂きました。
まだまだ手放しでは喜べませんが、私は先生に頂いたお薬に出会えた事が奇跡えの一歩と思わずにいられないです。
本当に感謝しています。
そして無事に年を越せる事がなによりです。
ありがとうございました。

8ヶ月

いつもお薬ありがとうございます。
2月の定期検診も無事にクリア出来ました。
まだまだ油断は出来ませんが、心穏やかである毎日に感謝しています。
11ヶ月
先日、術後1年を無事に迎える事ができ本当に喜びで一杯です。
まず1年無事に過ごすという気持ちでしたから、この目標を達成する事が出来ほっとしています。
毎月の検診を二ヶ月に一度でもと言われましたが、
もう少し慎重に見ていきたいので変わらず病院には連れて行こうと思います。
血液検査もレントゲンも問題なくクリアしました。
本当にありがとうございます。
患者さんの病状

乳癌

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。

猫の腫瘍等に関する漢方治療

患者

Oさま / 猫 オス / 14才 /

使用中のお薬

ミッシングリンク ウェルネスブレンド

ご相談内容

10月6日に癌の切除の手術をしました。
切除部位の検査の結果が上記の通りです。
漢方で少しでも元気に長生きさせてあげたいです。
つらい治療を避けたく、よい薬がないか相談に乗っていただきたくメールしました。

対応と指導内容

もちろん、完治をめざしますが、治療の、目的を、まず、腫瘍の進行や転移を、極力遅らせる。もしくは、ストップして、QOL(生命の質)の向上させることを中心に考えたいとおもいます。

その後のお客様からのご報告

半年後

こんにちは いつもお世話になっています。

そちらの腫瘍のサプリメントを飲ませ始めて約6ヶ月程になると思いますが、足の付け根のリンパガンを切除し、反対側にも少し小さな同じような物があって気になっていましたがいつの間にか無くなり動きが活発になって食欲も以前に比べ出てきたように思いました。
今日病院に行って診察を受けたところ触診では何も無いとの事で念の為にレントゲンで調べたところ、肺には転移が無い・肝臓が手術前より大きくなっているので「エコー」で
調べて見ると肝臓の一部にところどころ「すのこ」状になっており血管の塊で黒くなっている部分がありました多分ガン転移しているだろうとの事で今のところは様子を見るしかない様です。
1年7ヶ月後
先日の検査では、耳の癌以外はどこも悪くなく、麻酔にもすぐ覚めて、元気だった。
カラーはずしたら、とても元気で過ごしている。
病院の検査では、もっと悪い結果が出るはずなのに・・・と主治医の先生が首ひねっている。
1年半以上後もまだ元気でおられます。
患者さんの病状

右第5乳腺部右鼠径部腫瘤、血管肉腫の表皮リンパ節への転移の疑い、第2乳腺腫瘤嚢胞

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。


Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧