当院での僧帽弁閉鎖不全症
症例・治療例

心臓弁膜症の雑種犬への漢方治療

患者

Tさま / 中型犬 雑種 オス / 9才 / 11.4キロ

使用中のお薬

心臓治療薬

ご相談内容

一週間前に早朝、近所を散歩している犬に、いつもより異常に吠えていてその後すぐに倒れました。30秒ぐらい全く動かず、死んだかと思いました。その後立ち上がって普通の状態に戻ったので、妻がその日に行きつけの病院行って検査していただきました。かなり詳しく検査してもらったようで、結果、心臓がかなり悪くなっていていつ死んでもおかしくない状態だと言われたそうです。その日から病院でもらった薬を飲むことになりました。先生は口にはしませんが、薬で少しでも心臓に負担をかけずに死ぬのを待つだけのようです。現在までの状態は、食欲は旺盛または普通、特に目だって元気がないとか嘔吐とかはありません。先生から注意されているので、散歩は控えめにして、吠えようとしたときにはすぐにやめさせてます。私は死ぬのを待つだけではなく何かしてあげたい気持ちで一杯です。少しでも長生きしてもらいたい気持ちで一杯で、なんとか助けていただきたいのです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

対応と指導内容

  • 生活の注意としては、興奮をさけ運動を制限する。水や食事は下を向かずにとれるように、食器をたかくしてやる。1日の温度差をすくなくしてやる。これだけの工夫で、少し楽になります。
  • 漢方による心臓機能の回復、自然治癒力の回復を狙う
  • 最初は必要最低限使い効果が足りなければ様子を見ながら、量や種類を増やしていく

 

その後のお客様からのご報告

飼い犬が気絶してからちょうど1ヶ月経ちました。錦戸先生と神様のおかげです。ありがとうございます。今日妻が病院に行ってきたのですが、この状態で生きてるのは奇跡みたいなもので、普通の犬だったらとっくに死んでると言われました。
無事に年を越せるようにと新たにアプレゾリン朝夕1錠ずつの薬が増えました。現在の症状は相変わらず元気で、すぐに庭を走り回ろうとしたり、散歩に行きたがったり、食欲旺盛で、苦しそうな表情や疲れたりとかはありません。
その後変わらず落ち着いた状態が続いています。今日病院で検査をしてもらったのですが、「かなり肥大化してた心臓が少し小さくなってます。ひどかった雑音もかなり少なくなってます。薬がよく効いたとてもいい状態だ」と言われたそうです。かかりつけの病院で前向きな言葉は初めてでとてもビックリしましたが、うれしくて妻とも喜び合いました。錦戸先生はじめ皆さんのおかげです。ありがとうございます。
患者さんの病状

心臓弁膜症

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。

僧帽弁閉鎖不全と三尖弁閉鎖不全のMダックス犬への漢方治療

患者

Tさま / ミニチュアダックスフント メス / 13才 / 6キロ

使用中のお薬

利尿剤(フロセミド)、ACE阻害剤(マレイン酸エナラプリル)、サプリメント(コクセインDS)

ご相談内容

心電図、レントゲン、エコーをとったところ、
僧帽弁閉鎖不全(重度)、三尖弁閉鎖不全(軽度)と診断されました。
6段階の5-6くらいと言われましたが、
見た目の症状は一切なく、咳もしていないし、ぜいぜいもしていません。
呼吸がはやいくらいです。
フィラリアのオカルト感染もしています。
2010年では陰性、2011年病院の血液検査では陰性でしたが、
外部へ委託した検査で陽性でした。
生まれつき尿が濃く、ストラバイトが出やすい体質です。
漢方の処方をお願いしたく、メールしました。
よろしくお願いします。

対応と指導内容

  • 血流を改善し、心臓機能を良くする
  • 代謝機能を上げ疲労回復させる
  • 心臓にかかる負担を減らす

 

その後のお客様からのご報告

服用から6か月後

いつもお世話になっております。
おかげさまでテディの心臓病も変わりなく、突発性の前提疾患もすっかり良くなったようです。
でも、突発性だといつまた症状が出るかわからないので予防として引き続き漢方を飲ませていきます。

患者さんの病状

僧帽弁閉鎖不全、三尖弁閉鎖不全

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。

大動脈弁狭窄症のロシアンブルーへの漢方治療

患者

Hさま / 猫 ロシアンブルー メス / 3才 / 3キロ

使用中のお薬

タウリン

ご相談内容

生後6か月頃、あえぎ様呼吸のような異常な呼吸とともに、床に貼りついたようにして苦しそうに
ハーハー言っている状態が数秒から数十秒続きました。
その後おさまるとケロッとして遊び始めますが、すぐに受診しX-Pと心エコーを撮り、
軽度の心肥大と大動脈弁狭窄症と診断されました。
その後、3回ほど同様の発作を起こしました。
最終の発作は生後10か月のころに数秒あり その後は1度も起こしていません。
運動は必要でしょうが 適度の運動後はうまく気を引いて、こたつやハンモックなどでやすませることができています。
決して劇的な改善を見込めるような病態ではないことは承知していますが このままの経過観察でよいのでしょうか?
年齢を重ねるにつれ 状態が悪くなっていくのではないかと懸念しています。
突然死の可能性などについても十分覚悟しています。それを予測することが難しいことも分かっています。
とりあえずは、心臓に負担をできるだけかけさせないようにしつつも
ストレスを与えないような遊び方を考えながら常に観察して今のところは元気に暮らせています。
受け入れる覚悟はできているつもりですが、もし今の時点でなにか予防の補助になる可能性がある方法があればぜひ試してみたく思ってご相談しました。よろしくお願いします。

対応と指導内容

  • 生活の注意としては、興奮をさけ運動を制限すること。水や食事は下を向かずにとれるように、食器を高くしてあげること。1日の温度差をすくなくしてあげること。これだけの工夫で、少し楽になります。
  • 漢方による心臓機能の回復、自然治癒力の回復をめざしていく
  • 最初は必要最低限使い効果が足りなければ様子を見ながら、量や種類を増やしていく

 

その後のお客様からのご報告

漢方を服用して2週間後のお便り
こんにちは。内服から2週間を経過したので メールをしました。
猫の様子ですが、もともと内服開始時は元気で、発作は連発していた時期から1年5カ月1一度も起こしていないので、全く変わりはありません。
内服は ペレットを数粒ふやかして それに混ぜて1包を朝夕に分けて内服しています。
ぺろっとたいらげて 問題は全くありません。
内服を始める前2週間くらいは、毛を毎日吐いたり、食事量が少なく感じていましたが
3月に入り、嘔吐が全くなくなり、食餌摂取量が増えたので、
今までの量ではたりなくなり、追加のおねだりをしてくる毎日になりました。
これが成長に伴って食べる量が増えたのか、体調がよくなったのかはよく分かりませんが、
よく寝て、よく遊んで、よく食べ、ウンチの量や尿の量も増えました。
今後も予防の目的で内服を続けていきたいと思っています。
よろしくおねがいします。
漢方を服用して1か月後のお便り

お世話になっております。

ななは今のところ、かなり元気で活発です。
最近は以前より休憩することが少なくなって おもちゃで暴れまわっています。
なるべくちょこちょこ休憩させていますが。
息切れのような症状が減った気がします。
今後も漢方続けていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
患者さんの病状

大動脈弁狭窄症

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。

僧帽弁閉鎖不全症のトイプードルへの漢方治療

患者

Oさま / 小型犬 トイプードル メス / 16才 / 2.4キロ

使用中のお薬

特になし

ご相談内容

最近になり膀胱炎かなんかの疑いもあるとネットで見て、すぐ獣医に連れて行きました。エコー検査の結果、腫瘍が見つかり、細胞検査で移行上皮癌という結果でした。現在の状態は、元気で食欲もあり、頻尿なだけで、見る限りの血尿などはありません…。
仔犬の頃から、食事には気を使い、添加物など入ったジャーキー類は一切与えず、ドッグフードもラム&ライスの自然食品で育ててきました。高齢なのですが、去年の春の血液検査など、非常に優秀で、先生にも褒められていたぐらいでしたから、まさかの癌と聞いて、目の前が真っ暗になりました。
いろいろ調べれば調べるほど、たちの悪い癌だというのが分かり、それでも、諦めきれず、探していたら、ここの病院を見つけることができました。一筋の光が刺したようでした!
16歳で高齢なのは、重々承知なのですが、今、こんなに元気で走り回ってる子に余命宣告が、どうしても信じられません…あと、数年、この子が、痛い辛い思いもなく幸せに過ごせるようにしてあげたいのです…どうか、お力をお貸しください、お願いします…。お疲れのところ、長々として文面ですみません…

対応と指導内容

  • 血尿、残尿感からの、頻尿、排尿障害、尿閉など、様々な症状に悩まされるやっかいな病気である事を理解する
  • 完治をめざすが、治療の目的をQOL(生命の質)の向上させることを中心に考える
  • 副作用が出なければ抗癌剤と漢方薬の併用を考える
  • 漢方薬で免疫力を高めて様子をみながら薬の量や種類を調整する

 

その後のお客様からのご報告

錦戸先生、早急な返事を本当に本当にありがとうございます。一筋の光が差し込んだようでした。先生の病院のHPの喜びの声の所を読むと、本当に勇気がわいてきます。
希望も湧いてきます。本当に先生と出会えて、よかったなと思うばかりです。癌で、転移しまくりで苦しんで死ぬのではなく、高齢なので…この子の寿命というか、癌以外で老衰的な感じで、最後まで、しっぽを振って、ご飯をもりもり食べて、そうやって老衰で天国に行ってくれればなと思います…諦めが悪いんですが、まだ完治は諦めていません!
これからもよろしくお願いします。先日のエコーでも転移はみられませんでした。頑張っています。今月は余命宣告された月になります…絶対に超えて見せますっ!!これからもよろしくお願いします。
※最後のお便りです。
新年、明けましておめでとうございます。と、新年のご挨拶をしたいところなのですが、訃報をお知らせしなくてはなりません…12月31日、虹の橋を渡りました。 本当に長い間、有難うございました。
本当に、癌の増殖をここまで抑えられ、余命半年だと言われていた(犬の名前)ちゃんが、ここまで頑張ってくれました。先生のおかげだと思っています。
(犬の名前)と、少しでも長く一緒にいられたこと、本当に心から感謝しています。今まで、本当に有難うございました。
患者さんの病状

僧帽弁閉鎖不全症と膀胱移行上皮癌

効果に対する評価

良い結果がでて嬉しく思います。


Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧